無職 お金を借りる

無職でもお金を借りれるところを探していた

無職でお金を借りることはできないと思っていました。
無職では、キャッシングの審査に申し込むことさえできません。

 

でも、クレジットカードがあれば、現金を手にすることができるんですね。
しかも借りるよりも利息が安くて、こんな方法があったなんてちょっと驚きました。
無職の私でも、すぐにお金を手にすることができたので、アパートを追い出されることもなくなり、本当に助かりました。
私を助けてくれたのは、こちらの会社です。

 

家賃が払えない

 

私は、無職になって収入がなくなり、家賃が払えなくて困っていました。
キャッシングするにも、無職では借りることができません。
このまま家賃が払えなければ、住むところもなくなり、再就職などできなくなります。
そうなったら、最後、人生終わりだと思いました。
そんなときに、クレジットカードのショッピング枠を使って、現金化することを知りました。

 

クレジットカードでお金を借りるわけではない

 

クレカの現金化って、耳にしたことはあったけど、なんだか怪しいと思っていたんです。

 

だけど、クレジットカード払いで服を買うのと同じで、服の代わりに現金を買うだけなんです。
「クレジットカードで現金を買うこと」だということがわかって、普通のことなんだと思いました。
だから、厳密にいうとクレジットカードの現金化は、お金を借りるわけではありません。

 

借金ができない無職の私でも、自分のクレカで現金を手にすることができました。
本当に助けてもらって、感謝しています。

 

しかも、借金するよりも、金利も安いし、リボ払いにすれば、毎月の返済も最小限に抑えることができます。
とにかく、アルバイトでもして、少しずつ返していければ、これから先は何とかなるかと無職でも前向きに考える余裕ができました。

 

無職でキャッシング

 

最初は、無職でもお金を借りたいというのが本音でした。
お金がなければ借りればいい、という考えしかありませんでしたから。

 

ですが、キャッシングの申し込み画面には「無職の人には融資できない」というような文字が小さく書かれています。
無職になると、そんな小さな注意書きも目に留まるものです。

 

無職でお金を借りるなんて、返済できるあてがないのですから、貸してくれるところなどあるわけがありません。
でも、無職でお金がないと、再就職も難しくなります。
これでは、無職でお金がないと、どんどん落ちぶれていくしかありません。

 

でもお金を借りるよりも、ハードル低いのがクレカの現金化なんですね。審査がないのも安心です。
今までお金を借りていたのがバカらしく思えてしまいました。
お金を借りるのに審査されるのって、良い気はしませんからね。

 

失業保険もらっていても、無職には変わりないんですよね。
なんだか仕事がないってお金は借りれないし、みじめだなと思いました。
失業保険がもらえる期間なんて短いですから、クレジットカードの現金化は失業中の私にはまさに救世主でした。

 

私はクレジットカードを3枚持っているので、また利用させてもらおうと思っています。

 

クレジットカードの現金化で利用したのは⇒こちらの会社