給料日までお金がない人の声

携帯代だけは払いたい

給料日までお金がない、というのをもう2年も繰り返している。

 

今月も月末の給料日まであと3千円しかお金がない。
しかも携帯代も未払いのままだ。
このままじゃ、携帯が止められてしまうから、何としても阻止したい。
携帯があるうちに、お金を借りないと、まじでヤバい。
借りれる消費者金融を探しまくった。
だけど、消費者金融は自分で探すよりも、紹介してもらったほうが、効率がいい。
ここで紹介してもらった。
今になって気が付いた、というか知らなかっただけかもしれない。

 

比較して金利が低いところを選ぶこともできる。
こんな俺でも、まだ消費者金融を選ぶ立場にいることがありがたい。

 

 

全く27歳にもなって給料日までお金がないなんて、情けないと自分でも思う。
3千円じゃ、飯代にも携帯代にもならないから、本当にヤバかった。
だけど、こんなお金がない生活を何年も続けていると、慣れてしまうものだ。
給料日でお金が入ると、パチンコ、スロットを打ちたくなる。
もう病気だと思うけど、打たずにはいられなくなる。

 

こんな俺にもまだ金が借りられると思うと、気持ちに甘えがでてくるのは確かだ。
まるで借金なんてしていないような感覚になってしまう。
給料日前なのに金がないけど、まだ生きているから、大丈夫だと思う。

 

 

 

お金がないと、用立てるためにあれやこれやといろいろ手を考えるが、それも使い尽くした。
まさか、パチ、スロで金をスッたから、貸してくれとは言えない。
名だたる消費者金融からはもう借りられない。
親に財布を落としたという手はもう使えない。
まったく大の大人がこんな状態だから、困ったものだ。

 

今回もまたここで消費者金融を紹介してもらって、なんとか生き延びた。
何度も借りられるのがありがたい。
簡単に借りられるから、俺の借金癖も直らないのかもしれない。

 

給料をもらったらできることをやらないといけない。
俺にできることは、給料日のまだ金があるときに、インスタントラーメンを買い置きすることだ。
食べるものがあれば、3千円でもなんとか生きていられる。
だけど、電気やガスが止まるのは厳しい。
こんな金無しの男じゃ彼女もできやしない。
デート代までお金を借りなきゃいけないから、一生彼女はできないかもしれない。
でも、パチ、スロはやめられない。
まだ給料日がある仕事ができているのがせめてもの救いかもしれない。
給料日のある仕事と、携帯があれば、なんとか生きてはいけるのかもしれない。