自営業で借入をした方の声

即日融資の消費者金融を紹介してくれる

自営業者の借入は、厳しいものだと痛感しています。

 

私は、自営業をはじめて半年で、借入の壁にぶち当たってしまいました。

 

取引先の一つが倒産し、お金の回収ができなくなってしまったのです。
たった一社の倒産で、まったく行き詰まってしまい、月末の支払いまでに、たった10万円のお金が用意できません。

 

断られるのを承知で、再度の借り入れを申し込んだのですが、案の定そう甘くはありませんでした。
しかも、再度借入を申し込んだことにより、私の自営業が上手くいっていないのではないかと勘繰られてしまい、
返済は大丈夫なのかと、逆に疑われる始末です。

 

 

そんな時に、自営業者の組合仲間が、自営業者でも借り入れできる消費者金融業者を紹介してくれるところがある、と教えてくれました。
しかも即日に融資してくれると言うのです。

 

もう支払期日の月末まであと2日と迫っていたので、自分で借入先を探すという余裕はありませんでした。
すぐに、スマホを手に取り、審査開始のボタンを押していました。
希望の借入金額10万円を入力し、祈る気持ちで送信ボタンを押しました。

 

少し待つと、私の条件で貸してくれるという消費者金融から連絡をいただき、即日融資してもらうことができました。
私の代わりに、借入先を探してくれるというこの会社の新サービスのおかげで、なんとか倒産せずにすんだのです。

 

⇒私が教えてもらったサイトはこちらです

 

 

自営業者の心構え

 

自営業を営んでいて、壁にぶち当たるのは資金繰りです。
会社に勤めていたころは、経営者の苦労などみじんも考えたことはありませんでした。
しかし、こうして自営業を始めると、経営者のお金の苦労が身に染みてわかります。

 

10万円で倒産することがあるなんて、サラリーマン時代の給料をもらっていた頃からは考えられません。
私は、開業資金や設備資金などほとんどすべてを借入て自営業をスタートさせました。
すでに限度枠いっぱいに借入してしまっていたので、資金繰りに行き詰ったからといって、もうお金をかりれるところがなかったのです。

 

自営業を始める前は、夢と希望を胸に、意気揚々と事業を始めたのですが、たった半年でこんなみじめな状況に陥ってしまうとは、まったく想像もしませんでした。

 

こんな状況を招いてしまったのも、自分の事業計画の甘さが原因だったと、今になって反省しています。
自営業をこれから始める方は、私のようなお金の苦労をしないように、しっかりと事業計画を練ってから、はじめてほしいと思います。