自己破産歴ありでも借りられた人の体験談

自己破産してもお金を借りたい

自己破産した者です。
自己破産したのですが、とある事情でお金が必要になり、自己破産でもお金を借りれるところを探していました。

 

審査がゆるいという消費者金融の審査に申し込んでみたのですが、審査に通りませんでした。
やはり自己破産している情報はブラックとして流れているようでした。

 

そこでブラックでも借りれるという消費者金融を調べ、審査に申し込んでみたら、意外にもお金をかりることができました。
自己破産でも借りれたのは、こちらの消費者金融の審査です。

 

消費者金融会社の事情

 

それにしても自己破産でも借りれるところがあるというのは、心強いことです。
この不景気な時代に、自己破産した人間にお金を貸してくれる人はいませんから。
もし、自己破産後に借りれるところがなくて困っているのなら審査を申し込んでみるといいですよ。
こちらから審査に申し込めます。

 

私は自己破産後に借入できたので、自己破産申請中はわかりません。
もし審査に落ちたら、こちらに相談してみるのも良いと思います。
任意整理中や多重債務者でも借りれるところを紹介してくれるそうです。

 

どんなに審査がゆるい消費者金融でも、ブラックだと審査に通りにくいのは確かだと思います。
でも審査に通るか通らないかというのは、自己破産歴があるかということだけが基準ではないような気がしています。

 

自己破産してブラックリスト入りしていると、消費者金融会社も喜んで貸してくれるわけではないですよね。
というのは、できれば自己破産歴がないブラックリストに載っていない人にお金を貸したいと思うはずです。
お客さんが少ないときに申し込めば借りれるし、借り手が多ければ貸さないこともあるのではないかということです。
これは消費者金融会社の事情でしょうからしかたのないことで、私も審査に落ちたところもありますが、通ったところもあるのです。

 

自己破産後も借金癖は直らない

 

今はアルバイトで生計を立てているのですが、止むを得ない事情でちょっとお金が必要になりました。

 

自己破産をすると当然ですが信用がなくなり、キャッシュカードも持たせてもらえません。
だけど、私にだってお金を自由に使いたいときもあるのです。

 

今はまだ破産管財人の弁護士の管理下におかれ、ほんとうに不便な生活です。
だけど私のようなお金の管理能力が乏しい人間は、自己破産して弁護士に管理してもらうのはいい方法かもしれません。
不自由ではあるけれど、お金の使い方がうまくない人間にはちょうどいいように思えます。

 

お金の苦労をすれば借金癖がなくなるのかというと、それは難しそうです。
自己破産しておいて懲りないやつだと自分でもわかっています。
借金が膨れ上がっていた自己破産前は、もうダメだと自殺も考えました。
でも自己破産後は、月日がたつとやはりいつもの自分に戻ってしまうのです。
私が言えることは、お金がないからと言って、簡単に自殺はしてはいけないということです。
生きていれば、なんとかなるものだと思いました。

 

お金の管理ができないのは遺伝

 

私が自己破産したことは、家族には知られています。
だけど、普段の生活で、自己破産のことについての話題が出ることはありません。
暗黙の了解で誰も口にしないのはありがたいのですが、だからこそ家族や兄弟にお金を借りることが切り出せないでいるのです。

 

私はお金に関して本当にダメな人間で、お金が入ってくるとそれ以上のお金を使ってしまうのです。
でも使う時はすべて必要な物のために使っているので、それが無駄遣いだといわれても仕方ないかもしれません。
私の両親も借金こそしていないと思いますが、貯金や余計なお金を持っていません。
たぶん両親のお金の管理力のなさを、私も引き継いでしまったのではないかと思います。
金持ちの家の息子は、やはり裕福にお金を使っているのに借金なんかしていませんから、遺伝はありますよね。
私も金持ちの家に生まれていれば、お金の苦労はしなくてすんでいたかもしれません。
だからといって借金癖を両親のせいにしているわけではありません。
私も一人前の大人ですから、お金に関して、もう少しうまく管理できるようになりたいと思っています。